遺言① 遺言って、いる?

相続でケンカになる、って話を、よく聞きますが・・・

相続とは、亡くなった方の財産を引き継ぐことです。

相続人(=引き継ぐ人)が、1人しかいなければ、その1人が財産をもらって、はい、終了です。
しかし、亡くなった方に、子供が2人いた場合、ひとつの財産を、2人で分けることになり、財産の取り合いになることがあります。

財産が、銀行の預金など、お金なら、分けることができますが、不動産は、分けることができません。
(やろうと思えば、できますが、大変すぎます。)

「じゃあ、おにいちゃんが、ひとりで、家を全部もらえばいい。
そのかわり、その家は2,000万円の価値がある。
だから、半分の1,000万円、ワタシにちょうだいよ。」

と、簡単に言う人がいますが、あのねぇ、ふつうに考えて、はい、わかりました、と、払えるわけがない・・・
名前はまだ 年齢不明

おとうさんが、元気なときには・・・

この、相続のケンカ、亡くなった方が、まだ元気なときから、子供が財産をねらっていた」ということは、少ないようです。

おとうさん・おかあさんが、亡くなったら、急に、お金のことを言い始めた、という話を、よく聞きます。

もらえるかどうか、わからないものには、期待しませんが、もらえるかも?となると、期待しちゃうんでしょうか?
なおと君 3歳

亡くなる前に、話し合おう。

ケンカにならないようにする、一番よい方法は、
亡くなる前の元気なうちに、親子全員で話し合って、約束することです。
お兄ちゃんは、家ね。
妹は、お金●●円ね。
「そんな話、まだ早いよ~。」と、笑って話せるときなら、子供は、親の言うことを聞くものです。
(私は、聞きませんが。)


ところが、親が亡くなると、
「そんな話、したっけ? 覚えてない。」
「あのときとは、事情がちがう!」
など、せっかく話し合ったのに、意味がなくなることがあります。
そのときには、「コラ」っと、しかってくれる、親がいないので、話し合いは、ケンカへと進化します。
(進化かな? 退化かな?)
リーフちゃん 3ケ月

遺言とは、亡くなってから、子供に話すこと。

子供がケンカになりかけたとき、亡くなった後でも、
「コラ! ケンカするんじゃない!
おとうさんが決める!」
と言うことができる、
これが遺言の使い方です。
(遺言「ユイゴン」「イゴン」、どちらも正しい読み方です。)


実は、遺言に書かれた内容は、
「そのとおりに、してもよい。」
という法律の助けがありますが、

「そのとおりに、しなければいけない。」
という法律の助けは、ありません。

つまり、遺言の内容どおりに、しなくてもよい、ということです。
(相続人全員が、そうしたければ、の話ですが。)


しかし、しなくてもよい、にもかかわらず、ケンカしていた兄弟が、遺言を見て、
「まあ、おとうさんが、そう言うなら、言うこときくか。」
という気持ちになる人が、大変多いです。

みなさん、ケンカがしたくて、しているのではない、ということでしょうか。

続き
メープルくん 6歳

アンケート 上へ戻る






プロフィール 問い合わせ 地図 QRコード






サイト内検索↓

屋  号 さいき司法書士事務所
司法書士 佐伯 由香里
郵便番号 604-0971
所在地  京都市中京区富小路通竹屋町上る桝屋町325番地3 森田ビル3階
電話番号 075-212-7522
FAX  075-256-0133
営業時間 平日 午前9時から、午後6時まで(土日祝・年末年始は、お休み)
お問い合わせ